子供の身長を伸ばす

子供の身長を伸ばす為に、親ができること

子供の身長を伸ばすために、親がするべきこと

 

子供の身長が伸びるのには原因があります。

 

「子供の身長が伸びない」と心配な親御さんは、子供の身長を伸ばすために、出来ることをしてあげましょう。

 

 

その為には、子供の身長が伸びる仕組みを知ることです。

 

仕組みを知ることで、何をすればいいかわかります。

 

子供の身長は、親の努力で変わりますからね。

 

 

 

私の子供も、幼稚園・小学校と背が低く、前から2番目や3番目に並んでいました。

 

私は身長が173p、嫁さんは147pです。

 

なので、子供の身長が低いのは遺伝かなと思っていました。

 

しかし男の子でしたので、子供の身長を伸ばすために出来ることはしようと、身長を伸ばす方法を調べ試しました。

 

 

 

 

おかげ様で小学校の時、前から2番目だった身長が、中学生にあがり174cmになりました。

 

まさか中学生の子供に、私の身長を抜かれるとは思いませんでしたが、親としては嬉しいです。笑

 

 

 

本人は、身長が伸びたと喜んでいますが、親の陰ながらの努力の成果だと嫁さんと話しています。

 

私は、「身長は、伸びる仕組みを知り、それを手助けできれば、身長は伸びる!」と思っています。

 

なので子供の身長を伸ばしたい人は、まず子供の身長を伸ばすために、身長が伸びる仕組みを知りましょう。

 

子供の身長が伸びる仕組み

 

子供の身長が伸びる仕組みについてお話したいと思います。

 

よく言われている牛乳を飲めば背が伸びるとか、そのような話ではありません。

 

現在、身長が伸びるための要因が4つあるといわれていますが、知っていますか?

 

 

身長に関係する4つの要因

 

 

身長に関する要因は上記の4つです。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

 

身長に関係する遺伝要因

 

親が小さかったら、子供も小さいと言われるのが、遺伝要因。

 

ぶっちゃけていいますと、子供の身長は親の遺伝に、ある程度左右されます

 

 

プロスポーツ選手で、身長190cmとか200cmとかいますが、その選手は親の遺伝を受け継いでいます。

 

実際に、そのような高身長の選手の親は、平均身長よりも高い傾向にあります。

 

 

なので両親の身長が低い場合、子供を200cm以上にしたいと思っても現実的に難しいです。

 

よく身長は遺伝に関係ないという人がいますが、癌なども遺伝で伝わりますから、身長も関係あるのがわかりますよね。

 

 

ここで、親の遺伝的要素から子供の身長予測をしてみましょう。

 

これはダイエットで使われるBMIみたいな計算式で、はじき出すことができます。

 

 

 

子供の身長予測の公式

 

 

私も実際に公式に当てはめて計算してみました。

 

私は173cm 嫁さんは147cm

 

子供は男の子ですので、両親の合計身長に+13cm

 

私の身長173cm+嫁さんの身長147cm+13cm=333cm

 

これを2で割って

 

333cm÷2=166.5cm

 

これに2cmプラスしたら遺伝要素からの子供の予想身長です。

 

なので166.5cm+2cm=168.5cm

 

遺伝的子供の予想身長 168.5cm

 

 

私の子供は現在174cm、遺伝要素から見ると大きくなりすぎたようです。笑

 

たぶんここらが限界の身長になると思います。遺伝ですから。

 

 

 

あくまで遺伝的身長予測の計算なので、これが低いからといって嘆く必要はないです。

 

私の子供も今よりも6cm低いのが遺伝からの身長でした。

 

遺伝が身長に関与するのは、ある程度で、それ以外の要因を強めることで身長は伸ばせるということです。

 

 

 

 

子供の身長に大きく関わる要因

 

遺伝がある程度身長に関係するということはわかりました。

 

それでは、こんなグラフを見たことはありませんか?

 

これは日本人の平均身長のグラフです。

 

見ると日本人の身長がドンドン伸びていますが、何か変じゃないですか?

 

身長に関係する4つの要因 平均身長の推移

引用:社会実情データ図録

 

 

1945年から2015年の70年間で、平均身長が10p以上伸びています。

 

オカシイですよね。

 

さっき勉強した遺伝が身長に関与しているのだとしたら、平均身長がこのようにドンドン伸びるのは不自然です。

 

なので親からの遺伝は、ある程度身長には関与するが絶対ではないと分かります。

 

それなら、<遺伝以外の何が平均身長を伸ばしたのでしょうか?

 

 

睡眠が身長を伸ばした?

 

身長に関係する4つの要因 平均身長の推移

子供の睡眠時間は、TVゲームや塾・部活などで減ってきています。

 

寝ている時に成長ホルモンが分泌され、背が伸びていくのは、知っていると思います。

 

しかし、昔に比べ子供の睡眠時間が短くなっているのが現実です。

 

夜寝るのが遅い子になると。12時を過ぎても起きている子供がいます。

 

ですので、子供の平均身長が伸びには、あまり関与していないといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

運動が身長を伸ばした?

身長に関係する4つの要因 運動

 

身長を伸ばすには運動が良いと、昔から言われています。

 

私が子供の時は、「ジャンプをしなさい!」と言われてました。

 

これは成長期の子供が運動すると、骨に刺激が加わり、骨の成長を促進するからです。

 

しかし、昔に比べ、体を動かして外で遊ぶ子供が少なく、代わりに家の中でゲームをする子供が増えました。

 

子供のスポーツテスト統計では、運動能力が年々落ちています。

 

よって日本人の平均身長の伸びには、あまり関わっていないといえます。

 

 

 

 

 

 

食生活(栄養)が身長を伸ばした?

 

身長に関係する4つの要因 食事の欧米化

 

戦前は、穀物や魚が主流でした。畑を耕し野菜を作り、田んぼで米をつくり、ご飯を食べる。

 

それまでの日本は、炭水化物と食物繊維が多い食事でした。

 

しかし1945年に敗戦し、日本の食卓に、肉(タンパク質)が多くなり、食の欧米化が進みました。

 

その結果、今では外国人のような体格の日本人が多くいます。

 

言い方を変えれば、欧米化の食生活(栄養)が日本人の平均身長を伸ばしたと言うことです。

 

 

 

 

これらの身長に関係する要因を見ると身長には栄養が大きく関わることがわかります。

 

 

子供の身長は、栄養に左右される

子供の身長を伸ばす栄養とは?

 

食が欧米化になり、体に入る栄養の割合が変わりました。

 

日本食は炭水化物が中心ですが、欧米食はタンパク質が中心です。

 

 

なので、身長を伸ばすにはタンパク質が必要という事がわかります。

 

よく昔、身長を伸ばすには牛乳が良いとされていましたが、この説は間違いです。

 

 

>> 牛乳だけでは身長が伸びない理由

 

 

 

 

最近は、日本食がブームになり健康志向になってきました。

 

しかし、身長を伸ばしたい子供には日本食よりも欧米食が適しています。

 

昔の日本人が小さかったのは、米と魚しか食べていなかったからです。

 

日本食はあっさりしていますよね。

 

 

 

なので子供の身長を伸ばしたいときは、肉(動物性タンパク質)、牛乳(カルシウム)など、身長を伸ばすのに必要な栄養をしっかりとることが重要です。

 

子供に無理なく身長を伸ばす栄養をとってもらう

子供にサプリメントで身長を伸ばす

 

では、そのタンパク質・カルシウムなどの栄養を、どうやって子供に摂取したらいいのでしょうか?

 

食べ物でとるのが一番理想的ですが、子供は好き嫌いがあります。

 

私も好き嫌いが激しく、野菜は食べない、牛乳は嫌いです。

 

そんな私ですから、子供に無理強いはしませんでした。

 

そのかわり私は、子供に栄養補助食品を使いました。

 

 

子供に栄養を補うサプリメント

 

 

サプリメントと聞くと嫌な顔をする人もいますが、子供こそ足りない栄養を補うためにサプリメントが必要です。

 

私みたいな40を超えた初老は、栄養をそんなにとらなくても大丈夫です。

 

若い時に比べたら食事も細くなりましたし、身長も少し縮んでいますから。

 

 

 

しかし、成長期の子供は違います。

 

まだまだ体は成長途中ですし、身長を伸ばすためには豊富な栄養が必要です。

 

身長に必要な栄養は、タンパク質・カルシウムだけではなく、大変多くのものを必要とします。

 

それら栄養を食事から必要量をとるのは、現実的に考えて無理です。

 

まして子供が好き嫌いせずに食べるかというと、それはありえません。

 

 

 

 

私は野菜は食べませんが、その分サプリメントで補っています。

 

こんな性格ですから、やずやの黒酢・マルチビタミン・野菜ジュース・ローヤルゼリーなど色々なものを試しました。

 

今は、万田酵素とマルチビタミンを飲んでいます。

 

しかし、子供にこれらを飲むように言っても、絶対飲まないのは想像できますよね。

 

子供の身長を伸ばしたい時におすすめのサプリ

 

私は、多くのサプリメントや栄養補助食品を試してきました。
なのでサプリなどの必要な商品を見極める力は、それなりにあります。

 

また私の子供にも色々なサプリメントを試してきました。
その経験から、今現在販売されている身長を伸ばすサプリメントの中で、オススメできる商品を紹介したいと思います。

成長ホルモン−アルギニンを補うサプリ

 

子供の身長を伸ばす栄養は色々ありますが、そのなかで特に注目されているのがアルギニンです。

子供にサプリメントのアルギニン

 

アルギニンは、成長ホルモン分泌に必要な栄養素で、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、身長を伸ばします。

 

そんなアルギニンを多く含んでいる「Dr.Senobiru」というサプリメント。

 

このサプリメントは1袋にアルギニンが5,000mg入っています。子供向けのサプリメントで、ここまでアルギニンが入っている物はありません。

 

ボディービルダーが使うプロテインに、同じ量のアルギニンが入っているぐらいです。

 

もっとアルギニンに関して知りたい人は、、リンク先のDr.Senobiru公式HPに書かれていますので、読んでください。

 

>> Dr.Senobiru公式HP

 

 

 

この成長に役立つアルギニンを一番多く含んだ「Dr.Senobiru」ですが、ひとつだけネックなことがあります。

 

アルギニンDr.Senobiru

それは1袋9,800円と値段が高いことです。

 

子供の一生に関わる身長のことですから、値段をいうのはあれですけど、昔からサプリメントは値段なりと言われていますが、まさにその通りの商品です。

 

他の子供用サプリメントと比べると、アルギニンがここまで入っているのは、どこにもないので仕方がないですが。

 

継続するとなるとちょっと厳しいのが現実かもしれません。そんなときは、使う量を少し減らし気味に使うとか、何か工夫が必要になります。

 

値段はちょっと高いけど一回使ってみたい人は、今なら60日間返金保証を活用して、気に入らなければ返金してもらえる制度があります。

 

詳しくは、Dr.Senobiru公式HPを見てください。

 

>> Dr.Senobiru公式HP